躁うつ病やてんかんに効くカルバトールって危ない?

カルバトールというのは、主にてんかんの治療や、躁うつ双極性障害(躁うつ病)の躁状態の時にその症状を抑えるために使用されます。ジェネリック医薬品であるために、他の抗てんかん薬などより安く買えることがメリットです。テグレトールCRという薬と成分が非常に似ており、これを高いと思う方にはお勧めできます。基本的には脳内の過剰な興奮を抑えることにより、気分を落ち着かせ発作を抑えることができます。
ジェネリック医薬品と聞くと危ないイメージがあったりしますが、基本的に用法を間違えなければ問題ありません。しかし、このカルバトールという薬は使用してはいけない条件がいくつかあります。
三環系抗うつ剤に対して過敏な方、重篤な血液障害がある方、ボリコナゾールを服用している方、ポルフェリン症の方などいくつかあります。また一緒に服用してはいけない薬もいくつがあげることができ、服用の際には医師との相談が必要になってくることがあります。副作用もとして眠気や倦怠感、運動機能の低下があげられるので、集中力を必要とする作業、車の運転などを行う前には服用しないようにしてください。
しかしカルバトールを危ないと思わせている一番の要因は、まだ日本での処方に認可が下りてないということがあげられます。つまり日本で使用するには個人で海外から取り寄せる必要があります。そのため入手することへの抵抗があること、また個人輸入代行などの業者に頼むにしても本当に信頼できるのか不明なこと、これらの要因が重なって危ないというイメージが残っています。
カルバトール自体は用法を守れば安心しえ使える薬で、効果があることもわかっています。必要な方は医師に相談しつつ服用するようにしてください。