カルバトールは通販が安価です

カルバトールの主成分はカルバマゼピンで、てんかんによる大発作、精神運動発作、てんかんに伴う精神症状、の治療薬として使われます。
てんかんの原因は、脳内の興奮と抑制の電気信号のバランスが崩れてしまうことです。
興奮はNa+、Ca2+といったプラスイオンが、抑制はCl-のマイナスイオンが関与しているのですが、カルバトールはNaチャネル阻害薬という種類の薬です。
人間の細胞内は普段はマイナスの電荷を帯びていますが、Na+が細胞内に入ると徐々にプラスの電荷に傾き始めます。ある時点でプラスの電荷に切り替わることを、脱分極と言います。脱分極が合図になって神経細胞の興奮が伝わります。
てんかんはこの電気刺激が急に起きてしまい、以上放電が起こるのが問題です。
逆に考えれば、興奮性のシグナルを抑えられれば、異常な電気信号が起こらなくなるということです。
Na+はナトリウムチャネルという入り口を通らなければ、細胞内に入ることはできません。カルバトールはNaチャネルを阻害することで、興奮性のシグナルであるNa+が入ってこられなくして、電気伝導によるてんかん発作を抑えることができます。
薬を入手するには病院処方が一般的ですが、ネット通販でも買うことができます。ネット通販は海外から個人で輸入するという形で入手するので、安価に買うことができます。
カルバトールはジェネリック薬で、先発品よりも安く買うことができますが、ものすごく値段が下がっているというわけではありません。薬価としては1錠あたり1円くらいしか変わりません。とは言え、使い続けていれば少しの差でも気になるものなので、ネット通販を利用して安く手に入れるのもひとつの選択肢でしょう。